Smart Life

日々いろんなことが変化する世の中で、スマートに(賢く)生きていく方法について考える

オルゴール療法で免疫力を高める

f:id:nomad-free:20180506161000p:plain

ストレスで溢れる現代社会

現代社会では、強い紫外線、大気汚染や煙害など多くの負の要素に取り囲まれています。電磁波や有害な化学物質、農薬や食品添加物、さまざまな細菌やウィルスによる感染症、さらに人間関係の悪化などストレスを生み出す要因には事欠きません。

いまや日本人の約半数がストレス性の不眠に悩んでいると言われています。
悪い環境に影響されることで抵抗力が下がってしまい、病気の大半はこういった環境に原因があるのではないでしょうか?

 

このような現代社会で生きていくために必要なのは、悪い環境によって低下した抵抗力を元に戻し、人間が本来持っている自然治癒力で心身の強靭性を取り戻していくことです。
オルゴール療法は根幹療法として知られ、冷え症から難病にいたる多くの症状に効果があると考えられています。

 

 

オルゴール療法とは?

そもそも人間の体の70%は水分でできていると言われ、この体内の大半を占める水に、オルゴールから生じるナチュラルな良い振動(波動)をあてることで、身体に良い変化をもたらすのがオルゴールによる波動療法です。
特に528Hzの周波数はDNAの修復する効果があと言われていますが、詳しい話はまた別の機会にします。

オルゴール療法では、高周波(10万ヘルツ)と低周波(3.75ヘルツ)を含む演奏を脳の近くで聴くことで、ストレスを取り除き、臓器や筋肉を動かす自律神経の司令塔である脳幹の血流と視床下部の血流を回復し、様々な身体の症状を改善していくことができます。

また病気を根本から改善し、病気にかからない、予防医学(未病)の観点からも期待されています。

f:id:nomad-free:20180506224909j:plain

 

 

療法に適したオルゴールについて

CDや音楽プレイヤーで、録音したオルゴールの音を聞いても治療にはあまり効果はありません。理由は、脳幹を刺激する為の振動を感じる事ができず、またオルゴールの低周波と高周波の音色を脳に伝えることができないためです。

強い周波数を聴くと「ビーン」とふるえる(共鳴する)あの感じが大事なのです。これは耳でも感じることができますし、身体全体でその振動を受け止め、全身の細胞で刺激を感じることができます。

オルゴール療法に使用するのに最適なオルゴールは、以下4点の条件をクリアしているものになります。

  • 脳幹を刺激する一定の周波を出す物
  • 音色の美しい物
  • 大きすぎず小さすぎない音の物
  • 自律神経に適した曲目の物

オルゴール療法では一定以上の振動と周波数を出す必要があるため、72本以上の弁(できれば144本)を持つ物が望ましいとされています。

また、演奏曲は「日本オルゴール研究所」ではパッヘルベルの「カノン」を推奨しています。「カノン」は、癒し効果の高い曲としてもよく知られていて、赤ちゃんがスヤスヤ寝れる曲としてよく使われています。

 

ある病院ではオルゴール療法を導入し、具体的な効果も見られているようです。

f:id:nomad-free:20180506162338p:plain

 

オルゴール療法は、あくまで脳の働きを正常にすることから身体を正常にすることを目的として行なっているため悪い副作用もなく、リバウンドの心配もありません。現代医療に併用して大きな効果が期待できる療法と言えるでしょう。

 

現代病・痛風と、その予防・対策について

f:id:nomad-free:20180531204752p:plain

痛風(高尿酸血症)とは

風が吹いても痛みが走る、ということが語源とされる痛風。
痛風は働き盛りの男性に多くみられ、高尿酸血症という尿酸値の異常が理由とされています。

血清尿酸値が7㎎/dlより高い状態が続くと、尿酸の結晶が関節内に蓄積され、痛風発作と呼ばれる強い痛みを引きおこします。

痛風は何の前兆もなく、ある日突然発症し、歩くことができないほどの激しい激痛と腫れに見舞われます。完全におさまるには10日ほどかかるのが一般的です。
足の親指に痛みが起きることが多いとされていますが、かかとや甲、時には上半身の関節にも発作は起きる場合があります。

 

 

痛風の原因は?

痛風を起こすきっかけになるのが、アルコール(特にビール)の過飲、食べ過ぎ、ストレス、体の冷えなどです。

痛風はプリン体を摂り過ぎることによって、その燃えカスである尿酸が体内に蓄積されることによって引き起こされます。

体内でエネルギーを作り出すときには必ずプリン体が必要で、利用された後には尿酸が燃えカスとなって体外に排泄されるしくみがあります。

そのため痛風の発症を抑えるには、プリン体を多く含む飲食物をなるべく避けることが効果的だと言われています。

 

 

日常生活での痛風対策

日常生活において痛風対策を心がけることは非常に重要です。

では具体的に、どのようなことをすれば良いのでしょうか?

 

1.  プリン体の多い食事を控える

プリン体はどんな料理にも含まれていますが、多く含むとされる食材の摂取をなるべく減らすように意識しましょう。
※ プリン体多い食材:肉類(特に内臓)、マグロのトロ、ウナギ、子持ちシシャモ、イクラ、たらこ、カズノコ、えび、イカ、甲殻類など

また、メタボリック症候群を併発する例が多いため、高繊維質、低カロリー、減塩などを心がけるとさらに効果的でしょう。

 

2.  アルカリ性食品をよく摂る

尿酸はアルカリ性に溶けやすい性質があるため、尿をアルカリ性にするような食事は、尿酸の排泄や尿酸結石の予防の点からも有効です。

(アルカリ化を助ける食材)ひじき、わかめ、海藻類、ほうれんそう、キャベツ、ゴボウ、大根、イモ類

(酸性化してしまう食材)肉類、アルコール類

 

3.  激しい運動ではなくゆっくりとした有酸素運動を行う

激しい運動をするほど筋肉や臓器器官の新陳代謝が盛んになり、かえってプリン体がつくられ過ぎてしまい、結果として尿酸値を高めてしまう事が解っています。
また、発汗により血液が濃縮され尿酸値を上げてしまうことにつながる場合もあります。
尿酸値が高めの方にお勧めの運動は、スイミングやウォーキングなどのゆっくりした有酸素運動で、しっかりと水分補給を行いながら気軽にできるものが良いでしょう。

 

4.  休肝日をつくる

アルコール(特にビール)は尿酸値を上昇させ、痛風発作の引き金になる事が解っています。週に2日以上の連続した休肝日を設けることで、肝臓や腎臓を休ませて内臓機能を高めて、尿酸が蓄積されない身体作りを目指しましょう。
運動後のアルコールは尿酸値の急激な上昇をもたらす場合がありますので、おつまみ等も合わせて控えるようにしましょう。

 

 

漢方で痛風対策

とは言え、一度痛風が発症してしまうと再発への恐怖から、早く治したい、体質改善したいと考えるものです。

そこで効果があると言われているのが、漢方・田七人参です。

 

田七人参とは?

田七人参は中国原産の薬用植物で、高麗人参と似ていますが、栄養素は高麗人参よりも優れ、中国の一部でしか生産できない非常に貴重な植物です。

中国では古くから薬として用いられ、ベトナム戦争時に止血薬として使われ世界にも広まっていきました。中国では止血薬だけでなく鎮痛剤や強心薬、高血圧や心疾患などに広く使われています。

田七人参は、鉄・カルシウム・タンパク質・糖などの優れた栄養素のほかに、「サポニン」を多く含みます。注目すべきはサポニンの含有率の高さで、高麗人参の何倍も含まれています。

 

サポニンの効能

サポニンは植物の根などに含まれる苦味成分の一種です。血行を良くして免疫力を高め、疲労回復にも効果があるとして古くからその効能の高さが認められています。

サポニンには多くの効能があるとされていますが、特に効果があるのが痛風と言われています。

痛風は体内の尿酸が排出されず蓄積されることで起こりますが、サポニンは活性酸素を除去し、コレステロール値を下げて血行促進を促します。
結果として肝機能を向上させてプリン体から作られる尿酸を正常に排出させてくれるのです。

この働きによりサポニンは痛風に効果があるとされています。

実際に田七人参を服用し続けることで、尿酸の値が下がったという声も多く寄せられているようです。

 

白井田七がすごい

「白井田七」とは生産者である白井社長の名前と田七人参をくっつけたものです。白井社長は、世界で初めて田七人参の有機栽培で世界一厳しいと言われるIFOAM(国際有機運動連盟)認証を取得しています。

「白井田七」は、田七人参98%と有機玄米2%のみで作られ、 無添加・無着色のオーガニックサプリです。田七人参を試してみたい方には、おすすめのサプリだと思います。

 

白井伝七はこちらから → 40万袋突破!白井田七

 

 

海外に出て気づくこと

日本は本当に経済大国?

「日本は経済大国!」学校で習った、その言葉。
日本社会に住んでいると、今でもそれが本当のように思えます。

「国別GDPで中国に抜かれたとは言え、1人当たりGDPでは日本は世界のトップクラス・・・」なんて思ってしまっているのは、マスコミのせい?いや、現実を知ろうとする努力が不足しているからなのかもしれません。

1人あたりGDPの国別ランキングを見て、愕然とした記憶があります。

2017年国別1人あたりGDPランキング
f:id:nomad-free:20180516163733p:plain

f:id:nomad-free:20180516163812p:plain

おやおや、日本ってこんなに下がってたんですね。
世界第3位の経済大国っていうのは、先進国の中では人口がそこそこ多いからで、中国と同じ理由で上位に来ているだけ?なのかもしれません。

同じアジア地域でも、シンガポールや香港は日本よりはるかにGDPは高額ですし、よく見ると韓国もすぐ近くまで迫って来ています。

これって、うかうかしてられない状況ですよね。
今の私たち日本人には、そういった危機感があまりないような気がします。

 

アジアの都市で気づいたこと

日本人の潜在意識の中には、欧米諸国には何となくの劣等感があると思いますが、アジアでは断トツでトップという意識でいるでしょう。

私もそうでした。

ところが、最近のアジア主要都市(シンガポール、バンコクなど)にいて思うことは、日本人の地位が確実に下がってきているということです。
シンガポールは別格としても、タイあたりには全く負けていない感じを持っている人がほとんどだと思います。

f:id:nomad-free:20180516171442j:plain

もちろん、全体でみるとタイには負けていません。(さすがに)

ただバンコクで生活してみると、いろんなことが肌感覚で分かってきます。

タイ人の行くところ ・・・ 物価が安い(日本の1/3程度)

日本人の行くところ ・・・ 物価が高い(日本の1~2倍)

タイ人の富裕層   ・・・ 物価最高級(日本の3~5倍)

ざっと、こんな感じかと思います。

そう、タイ人の富裕層は、お金をそこそこ持っている日本人(主に駐在員)よりもはるかに裕福な生活をしています。
逆に、日本人はタイ人富裕層が行くような店(高級日本食店)に行くことはほとんどありませんし、タイ人よりチップの支払いも渋いです。(笑)

ジャパンマネーが強かった時代には、このようなことは無かったのですが、今の日本人はタイ人富裕層に負けてる”ちょっと豊かな外国人”ぐらいの扱いなのです。

f:id:nomad-free:20180516172206j:plain

 

 

海外に出よう!

今の日本は内向き志向、節約文化が幅をきかせ、発展とは真逆の方向に進んでいるような気がしてなりません。
このままでは世界における日本の存在感がどんどん薄くなってしまうでしょう。

経済成長において他国と競う必要はありませんが、やはり日本には世界の先頭を走る国であって欲しいなと思います。

多くの人が海外に出て、現実をその身で感じることができれば、少しづつでも変化が起きてくるかもしれません。

f:id:nomad-free:20180516175600j:plain

 

若い世代、働き盛り世代が生き抜くために

f:id:nomad-free:20180517114652j:plain

少子高齢化で社会は維持できるのか?

今の日本社会は「いびつ」な構造になっています。
新入社員の給料は20年以上も据え置かれ、企業は人件費削減のために正社員よりも非正規社員を雇用する傾向にあります。

 

背後にあるものは何か?

 

50代、60代に大量に存在する、働き盛りを過ぎてなお高給を得ている世代でしょう。もちろん全てがそういう人ではなく、バリバリと会社の業績発展のために貢献している方も大勢いらっしゃいます。
ただ、少なくとも過半数以上の社員は、仕事に見合わない高額の給料を得ていることも事実です。

そしてこの給与水準を維持するために、若い社員の採用抑制、給与抑制が行われ、その制度を作っているのが、この世代の人たちだなのです。

この構図は、まさに年金システムにも如実に現れています。今後、年金の納付額が増えつづけることは目に見えていて、給料上昇が見込めない中、かなり厳しい将来が待ち受けていると感じてしまいます。

 

少子高齢化社会について、それを根本から作り直すのは膨大な時間も労力も必要ですが、少なくとも富の偏在、すなわち高齢世代が多くの富を抱えたまま、若者層や働き盛り層の生活を圧迫することがないようにあるべきだと思います。

f:id:nomad-free:20180517115058p:plain

 

 

新技術と資産の移転

過去においても、特権階級や富を得た者は社会の仕組みを維持しようとします。それは自身の富を守り、支配的な地位に居続けるためです。
この考え方は立場が変われば当然のことでしょうし、その仕組みの中で成功してきた訳ですから、何もおかしなことではありません。

ただ、世の中に新しい技術・発想などが出てくると、それをいち早く察知した人たちがそれを吸収し、新たな富を得る仕組みも残されています。

この動きに対しては、年を重ねるほどに対応スピードが落ちていきますので、若年層にとっては有利に働き、資産獲得の可能性は上がります。

分かりやすい例では、ネット情報の活用一つでFacebookのマークザッカーバーグ氏が大富豪になれたことが挙げられます。

おそらく、この種のビジネスでは圧倒的に若年層の方が、情報収集・対応力が高いため、多くの富・資産が流れ込んでいるものと思われます。

 

 

チャンスはどこにあるのか?

IT技術、自動運転技術や全固体電池など、既存産業の延長線上にもチャンスはたくさんあります。
ただ、そういったものには全て豊富な資金を持つ大企業が関与していて、若者が新たに富を築くようなことは難しいかもしれません。

やはり、手元に機動力(資金)があまりない若者は、この変化していく世の中で素早く目利きをしていかなければなりません。

 

 

仮想通貨の発展と通貨革命

社会の大きな変化(の兆し)として、仮想通貨の台頭があります。既に、多くの利益を上げた、超先行者もいると思いますが、本格的な普及はまだまだこれからなのでチャンスは十分にあるでしょう。

コインチェック社のハッキング被害は大きな話題となりましたが、さらに驚いたのは創業して間もないこの会社が、その被害額400億円以上を負担できる利益を上げていたことです。

仮想通貨は当初、怪しいビジネスと見られていた時期もありましたが、最近ではこぞって大手企業(ヤフー、DMM、ゴールドマンサックスなど)が参入を始めています。

実際に日常での肌感覚としても、現金を介して売り買いする生活は確実に減ってきていて、電子マネー・決済化していることは周知のことでしょう。

仮想通貨は、この一歩先にある世界だと考えられます。

f:id:nomad-free:20180517115600p:plain

 

仮想通貨投資の多くは詐欺!?

現在発行されている仮想通貨は1000種類以上もあり、はっきり言ってそのほとんどは詐欺に近い、実用性のないものです。

よく分かっていない人は絶対に手を出すべきではありません。
法定通貨で言えば、ジンバブエやアフガニスタンの通貨に投資するようなものです。
逆に、その基軸通貨となっている米ドル、ユーロ、日本円に相当する通貨は仮想通貨の実現とともに確実にその価値を高めてくるでしょう。

 

仮想通貨による通貨革命の未来に期待するのであれば、仮想通貨の基軸通貨である、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ (BCH)などを購入し、保有しておけばその成功の恩恵を受けることができ、ネット時代の草創期にヤフー株が何百倍にも化けたような資産効果を得られるかもしれません。
このような投資が、仮想通貨を勉強し、知識習得のための努力をした若い世代の人たちにとっての資産形成につながっていくのではないでしょうか?

 

仮想通貨取引を始めるなら、ビットフライヤーがおすすめです。
無料登録はこちら → ビットフライヤーへ
開設手順はこちら → 口座開設手順へ

 

本格的な大副業時代の到来(本業だけでは生きていけない!?)

f:id:nomad-free:20180514112741j:plain

副業解禁の背景

最近、多くの会社で副業を解禁する動きが見られます。これは即ち「これ以上、うちの会社で給料は上げられませんよ」という意味です。

本来、会社としては本業に集中してもらい、自社の利益拡大につなげる(その結果として給料も上がる)ように考えるのが自然ですが、それができないために敢えて、このような副業推進の方針を出していると捉えるべきでしょう。

 

 

副業を始めるのは難しいのか?

多くの会社員にとっては、いきなり副業しろと言われても、仕事を見つけるのはそう簡単ではありません。
コンビニでのバイトや建設現場での労働など、肉体を酷使する仕事であれば比較的容易に見つかるでしょうが、それでは時間と労力を単に切り売りしているに過ぎません。

サラリーマンにとって始めやすく、かつリスクも低い副業とはどんなものがあるのでしょうか?

それは「ブログ」です。

f:id:nomad-free:20180514113018p:plain

 

 

ブログの収益化は可能なのか?

一般的にブログと言えば、芸能人がやっているような日記・報告のものを思い浮かべますが、一般人ではそのような膨大なアクセスを実現することはほぼ不可能なので、違う角度からのアプローチが必要です。

日記・報告形式で広く浅くアクセスを求めるものではなく、「何かを求めて検索している人の役に立つ」ブログで、特定層に絞ったものが効果的です。そうすることで後述する広告収入も効率よく上げていくことができるようになります。

 

今まで長く特定の仕事をしている人、趣味で何かをやり続けている人であれば、多かれ少なかれ人よりも詳しい分野があると思います。

それらをまとめて、「誰かの役に立つ情報」に仕上げることで、その情報は価値あるものとして提供することが可能となります。

初めてブログを開設するなら、無料ブログでも始められる「はてなブログ」が使いやすいでしょう。ただし、広告収入を得ていくには有料サービスに移行する必要があります(月1000円程度)が、それは必要最低限の投資とも言えるでしょう。

 

 

まずブログを始めてみる

ブログを1記事でも書くことができれば、それに対しての反響、アクセス数などを見ながら、情報(記事)を蓄積していくことで、広告収入を得るための情報財産をストックしていけるようになります。

ブログの最大の利点は、肉体労働のように労働時間に対する一時的な賃金ではなく、蓄積された情報が将来に渡って収益を生んでくれることです。
もちろん、最初から大した収入は期待できませんが、続ければ続けるほど価値が高まり、最終的には勝手に収益を生み出す媒体に成長してくれることでしょう。

アクセスを増やすには、様々な工夫も必要ですが、それはブログをやりながら徐々に改善していけば良いと思います。

まず始めてみることです、その一歩が大きな道となります。

f:id:nomad-free:20180514114304j:plain

 

ASPを登録してみる

ブログを収益化する手段についてですが、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)に登録する必要があります。

分かりやすく言うと、ブログに貼り付ける広告契約です。契約といっても、無料登録して、すぐに始めることができるのであまり難しく考える必要はありません。

アクセス数が増えるに従って広告クリック数も上がり、報酬の発生につながっていきます。
大手ASPでは、クリック数などの情報を全て自分でチェックすることができるので、毎朝クリック数確認するのが楽しくなるかもしれません。

 

 

ASPならA8ネットが最強

A8ネットは、上場企業である株式会社ファンコミュニケーションズが運営していて、ASPの規模は国内最大級を誇ります。
登録してみると分かりますが、管理画面のレポートは色々な指標が確認でき、かなり見やすくまとまっていて、初心者にも使いやすい会社です。

アフィリエイトマーケティング協会のアンケートでは、実際のASP利用率では、A8ネットが80%と群を抜いて多く、Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトよりも利用率が高くなっていて、その人気が伺えます。

f:id:nomad-free:20180514111141p:plain

広告の案件数も抜群に多く、かつ広告素材(広告画像イメージ)も豊富なため、A8ネットはアフィリエイト初心者に必須のASPと言えるでしょう。

A8ネットのサイト → A8.net

 

ブログを開設し、アフィリエイト登録も済ませれば、これで晴れて副業開始です。収益化を目指し、どんどんブログ記事を行きましょう。

 

 

スーパーフード、モリンガの持つすごい効能!

f:id:nomad-free:20180503185030p:plain

モリンガとは?

モリンガとは、北インド地方を原産とするワサビノキ科の植物です。
インド・アフリカ・東南アジア等では「ミラクルツリー(奇跡の木)」とも呼ばれ、古くから薬や美容、健康のために利用されてきました。
生命力が非常に強く、根、幹、葉、枝、花まで全てが利用できる栄養豊富な植物です。

モリンガが「奇跡の植物」と呼ばれる理由は、人にとって大切な栄養素が50種類以上、豊富に含まれているからです。
特にビタミンやミネラル、アミノ酸などがバランス良く含まれているのが特徴で、地球上で知られる約10万種もの可食植物の中で、最も高い栄養価を含んでいると言われています。

=モリンガに含まれる豊富な栄養成分=

f:id:nomad-free:20180503165352p:plain

 

 

 モリンガの効能について

モリンガには多くの効能があるとされていますが、その代表的なものが以下の5項目となります。

f:id:nomad-free:20180503192112p:plain

 

1  解毒効果

モリンガには、大量のクロロフィル(葉緑素)という物質が含まれていて、細胞内に潜む化学物質を除去するという素晴らしい効能があります。

近年話題のユーグレナやクロレラも葉緑素を多く含みますが、モリンガには桁違いに多く含まれています。

モリンガを摂ると一時的に水便(水のような便)になることがありますが、これは下痢ではなく、クロロフィルが体内にたまった化学物質を中和して排出して起こる現象です。

 

2  美肌効果

ポリフェノールは色鮮やかな果物や野菜の表皮に多く含まれると言われます。
特にバナナやぶどうはポリフェノールの多い果物としてよく知られていて、ぶどうを皮ごと搾って発酵させた赤ワインには、ポリフェノールが高濃度で含まれています。

モリンガにはこのポリフェノールが100g中に2500mgほど含まれていて、赤ワインの約8倍に相当します。

モリンガに多く含まれているのは、ポリフェノールの中でも「フラボノイド」という種類です。フラボノイドは人間が摂取すると、活性酸素を除去する抗酸化作用や、もろくなった血管を修復して丈夫にしたり、血圧を調整したり、血糖値を下げたりする効果が研究で示されています。

 

3  ダイエット・高血圧

モリンガには極めて多くのギャバが含まれており、ギャバ含有量の多い食品として有名な発芽玄米の約22倍もあると言われています。

ギャバは、正式名称が「γ(ガンマ)アミノ酪酸」というアミノ酸の仲間で、肝臓や腎臓の働きを活性化させる働きがあります。

腎臓の働きがよくなれば塩分が適切に排出されて高血圧を予防でき、肝臓の働きが促進されることで、栄養素を無駄なく体内で使用できるようになり、余剰な脂質や有害物質を無害化して排出するなど、デトックスも促されます。
またギャバは血中の中性脂肪やコレステロールを調整し、脂質代謝を促進させるため、ダイエットに有効なばかりか、高脂血症や動脈硬化など生活習慣病の予防効果も期待されています。

 

4  免疫力アップ

モリンガは栄養バランスに優れているため、体内の様々な機能を整える働きがあります。
また、体の全免疫細胞のうち約7割は腸に存在しているため、モリンガに含まれる豊富な食物繊維の力で腸内がきれいになると、免疫力アップに直接的な影響があるとされています。

また、次で説明するリラックス効果によってストレスが緩和されることでも免疫力アップの効果が期待できます。同時に、花粉症などのアレルギー症状の改善や生活習慣病の予防効果もあるとされています。

 

5  リラックス効果

前述のようにモリンガにはギャバが豊富に含まれていて、ギャバは精神を安定させストレスを軽減する作用があるとされています。

ギャバは、脳内の血流を促して酸素の供給量を増やし、脳細胞の代謝を高めてくれます。一方で、抑制系の神経伝達物質として働き、アドレナリンやドーパミンなど興奮系の神経伝達物質の過剰な分泌を抑えます。

そのため、脳機能を効率的に高めつつ、余分なイライラやストレスを鎮めてくれるという効果が期待できます。

実際、ギャバのリラックス効果は科学的に評価され、トップアスリートの緊張緩和対策にも用いられているそうです。

 

このように、モリンガには様々な優れた効能があります。

単に便秘解消やダイエットだけではなく、からだ全体を内側から整えてきれいにし、肌にはりと潤いを保ち、生活習慣病のリスクを遠ざけ、毎日をすっきり快活に過ごすことができるのです。

まさに、モリンガを摂ることで「健康」そのものを手に入れることができると言えるのではないでしょうか?

↓ モリンガのお試しはこちら ↓
【モリンガの青汁in乳酸菌】

FXスワップポイントで利息生活

f:id:nomad-free:20180516110734j:plain

「FXで不労所得」、「簡単な副業」という魅力的な言葉に誘われて、FX取引を始めてみたものの、なかなか結果が出ない方も多いようです。

やはりFX(外国為替)は世界中の金融プロが動かしている相場ですから、素人が簡単に結果を残すのは少し難しいのかもしれません。

最近では自動取引プログラムによる短期取引で成果を出す方法もあるようですが、ある程度余裕をもって投資できる方は、長期保有でスワップポイントで手堅く安定収入を狙うという方法があります。

 

 

FX取引におけるスワップポイントとは?

FX(外国為替)取引は少ない元手でレバレッジを効かせて、多くの金融資産を保有することが可能です。
そして、その金融資産には”金利”というものが付与され、毎日金利は発生しているため、長期保有していれば相当な量の金利収入を稼ぐことができます。

FXにおいては、金利に相当するものを”スワップポイント”と呼んでいます。仕組みは金利と同じで、ある通貨を保有(買い)していればスワップポイントを受け取ることができますし、ショート(売り)している場合は逆にマイナスのスワップポイントとなり、その分を支払わなければなりません。

金利収入すなわちスワップポイントを稼ぐには、金利の高い通貨を”買い”で保有することが必要となります

FX大手各社のスワップポイントの例(2018年5月)
f:id:nomad-free:20180516121008p:plain


例えば、元手が4.5万円程度あれば、100万円分の外貨預金と同じ金利(スワップポイント)を受け取ることが可能です。
GMOクリック証券の米ドル/円であれば、1日あたり56円付きますので、1年間(365日)保有する場合、約20440円と相当な金額になります。

米ドル/円を12万通貨(保証金約55万円)保有していれば、毎月2万円ほどの安定した金利収入が得られる計算になります。

注意:
もちろん、為替が円高に振れれば元手が減ってしまうリスクもありますが、逆に円安に触れればスワップポイントに加えて円安分も利益となりますので、長期投資の場合はそこはトントンと捉えた方が良いでしょう。

 

 

スワップポイント発生のタイミング

スワップポイントは毎日発生し、ニューヨーク市場がクローズした時点で決定され自動的に付与されるので、スワップポイントの受け取りに際して特別な手続きは必要はありません。

さらにスワップポイントは、土日にも加算されます。スワップポイント発生は2日後というルールがあるため、金曜日にポジションを保有しても月曜にもらえるのは1日分で、水曜日にポジションを保有していれば土日分を加えた3日分をもらうことができます。
これを「ロールオーバー」と呼び、水曜日のニューヨーク市場クローズのタイミングは、スワップポイントのお得な時間帯として知られています。

長期保有の場合はあまり関係はありませんが、短期・中期トレードをする場合はこのタイミングについても頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

 

FX取引に慣れていないうちは、取引回数を増やせば増やすほど負けてしまい、元手をどんどん減らすことにもなりかねません。

長期投資によるスワップポイントを稼ぐ手法を軸に、短期・中期のトレードをうまく組み合わせることで、賢く運用していくことができるようになるでしょう。

また、付与されるスワップポイントはFX会社によってかなり差がありますので、会社信用力等の条件も加味した上で、慎重にFX会社を選ぶようにした方が良いでしょう。