Smart Life

日々いろんなことが変化する世の中で、スマートに(賢く)生きていく方法について考える

FXはどうやったら勝てるのか? トレール注文の活用

f:id:nomad-free:20180404120835p:plain

FXで効率よく稼ぐ?

「FXで不労所得を!」といった広告を目にされたことは何度かあると思いますが、実際のところFXで不労所得(利益)を得ることはどれくらい難しいのでしょうか???

勝ち負けはともかく、FX取引を続けている多くの人が感じること、それは「精神的に疲れる・・・」だと思います。

自分の資産が一瞬で増えたり減ったりするので、常に緊張感があり神経を休める暇がないためです。

 

ときに、相場急変で大きなマイナスダメージを受けたりすると、無茶なトレードで取り返そうと思ってさらに痛手を負うこともあります。

そのプレッシャーに耐えて冷静に取引できるのは、鋼のメンタルを持った専業トレーダーだけでしょう。

一般に、FXは9割の人が負けると言われていて、仮に1割の勝てるトレーダーになれたとしても、この「精神の疲弊」に対する対価としてリターンが得られるかは微妙なところです。

 

 

半自動のトレール注文が有効

MT4などのシステムを使った自動売買プログラムもありますが、勝率的にはなかなか安定していません。

まったく相場を見ずに放ったらかしで、「知らないうちに利益出ていたらラッキー、損失が出ていても気にしない」ぐらいの気持ちならOKでしょうが、FXをやる以上は自分が取引を行なって「勝つ」という達成感も味わいたいものです。

 

そこで私が実践しているのが、取引開始タイミングは「相場全体の流れ」や「チャート分析」(←なんとなくの感覚でもOK)で見極めて、あとはトレール注文で自動で利益を極大化してもらう方法です。

 

一般に人間の本能的な判断として、以下のような心理になると言われています。
1.  利益が出たら早く確定してしまいたい(利益が減ることの恐怖)
2.  損失が出たら戻るまで待つ(あるいはさらに買い増す)

この2つの意識にとらわれてしまうと、FXにおいては利小損大の大負けパターンとなってしまいますが、トレール注文を活用すれば、自動で最大利益を追い求めつつ、心理的プレッシャーからも解放されます。

f:id:nomad-free:20180404120704p:plain

 

 

FX トレール注文とは

トレールとは「追いかける」という意味で、その意味の通り、逆指値注文に追加して値幅を設定し、その指定した一定の値幅でレートを追いかけていく注文方法になります。

f:id:nomad-free:20180404120443p:plain

買い注文の例で見てみましょう。

1ドル=105円の時に買いポジションを保有し、1ドル=104.50円のストップロスで逆指値で注文したとすると、その値の幅が0.5円になります。

図でいうと、縦に引いてある赤い線の幅がストップロスになります。

そうするとそのまま、値幅0.5円を超えないように追跡してくれます。図では赤点線のラインになります。

途中で価格が下落して、破線に触れた段階で売りの逆指値が発動します。

 

売り注文の場合は、売ったレートより高い位置にストップロスを設定し、レートがそのラインに触れたら買い決済になります。

レートの変化に合わせて、逆指値が変化する仕組みによって、利益を伸ばせるだけ伸ばせるようになっています。

一度トレンドに乗ってしまえば、寝ている間や、仕事でチャートが見れなくてもチャートを監視しておく必要がないため、気楽にFX取引を継続することができます。

 

 

トレール注文の注意事項

この様に非常に便利なトレール注文ですが、もちろん最高値・最安値の時に売り買いは行われません。相場格言でも、「頭と尻尾はくれてやれ」と言われていますので、これは仕方のないことでしょう。

ただ、何かの拍子に一瞬でも大きく上下した時に決済されてしまうことがあるので、指標発表の前には手動で決済しておくなどの注意は必要かもしれません。

 

 

私は、このトレール注文を利用するようになってから、FXで大きな負けはなくなり(過去は損切りに問題があった!?)、トータルで勝てるようになりました。
正直、1勝3敗ぐらいのトレードでも「損小利大」となっているため、勝てています。

トレール注文をされたことがない方は、一度試されてみてはいかがでしょうか?

 

↓  FXの口座開設なら外為オンラインがおすすめ  ↓ 
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込