Smart Life

日々いろんなことが変化する世の中で、スマートに(賢く)生きていく方法について考える

マネックスによるコインチェック買収で、仮想通貨業界が再スタートする

マネックスが仮想通貨業界に参入

f:id:nomad-free:20180405154519p:plain

仮想通貨取引所のコインチェックが東証一部上場のマネックスから出資を受け入れる方針を固めたことが報じられています。
出資額は数十億円となる見通しで、出資完了後にコインチェックの和田社長や大塚取締役らの経営陣は退任予定で、新社長にはマネックスの勝屋敏彦最高執行責任者が就任するようです。

 

多くの被害者を出し、仮想通貨の大暴落を招いたコインチェック騒動も、マネックスという上場証券会社によるコインチェック社の買収で次のステージに向かいそうです。

昨年までの動きは、仮想通貨ベンチャーによる市場草創期のバブル的な相場だったのかもしれません。

※ 2017年の主な仮想通貨取引所・販売所 ※
- コインチェック
- ビットフライヤー
- Zaif
- Bit Trade 等々

大手がバックについている企業もありましたが、規模的には少し控えめな会社が多い感じでした。

 

それが2018年からの新規参入の顔ぶれを見てみると、いわゆる大手上場企業(証券系、ネット系)が並んでいます。昨年と比べると、明らかにプレーヤーが代わった感じがします。

※ 2018年から参入する仮想通貨取引所・販売所 ※
- マネックス
- SBIホールディングス
- DMMグループ
- サイバーエージェント
- YAHOO JAPAN
- LINE

さらに認可申請中の企業は100社以上あるとも言われていて、有望ビジネスとして多くの企業がこのマーケットを狙っていることは間違い無いでしょう。

 

仮想通貨はまだまだこれから

f:id:nomad-free:20180405161401j:plain

ビットコインを始めとする仮想通貨の多くは年初から大暴落していますが、これは市場草創期に起こりうる荒波なのかもしれません。

ブロックチェーン技術など、既存システムに置き換わる革新的な技術は今後さまざまな分野で活用されてくるでしょうし、仮想通貨の実用例も着実に増えてくると思われます。

 

初期参入組のベンチャー企業によるボロ儲けを良しとしない勢力によって(それがどこなのかは不明ですが・・・)、仮想通貨バブルはいったん崩壊させられましたが、次の動きとして社会的信用度の高い企業によって市場が整備され、実生活で仮想通貨を利用するフェーズに移ってくるのかもしれません。

 

現状では、ビットコインの購入はリスクの高い投資なのかもしれませんが、既存の銀行システムを破壊しうる技術であることは間違い無く、その将来性を信じることができるのであれば、次の仮想通貨のトレンドの波に乗ってみるのも面白いかもしれません。