Smart Life

日々いろんなことが変化する世の中で、スマートに(賢く)生きていく方法について考える

現代病・痛風と、その予防・対策について

最近は週刊誌などでも、西洋医学の薬について警鐘を鳴らす記事が多く見られるようになりました。
週刊現代:名医たちが実名で明かす「私が患者だったら飲みたくない薬」など)
痛風の治療薬についても、一度服用を始めると一生飲み続けないといけなかったり、内臓(特に腎臓)への負担が大きく、何かと心配になります。

そこで即効性では西洋医学には少し劣りますが、漢方薬や天然植物の力を使って、体質を根本から改善していくことを考えてみてはいかがでしょうか?

f:id:nomad-free:20180531204752p:plain

痛風(高尿酸血症)とは

風が吹いても痛みが走る、ということが語源とされる痛風。
痛風は働き盛りの男性に多くみられ、高尿酸血症という尿酸値の異常が理由とされています。
血清尿酸値が7㎎/dlより高い状態が続くと、尿酸の結晶が関節内に蓄積され、痛風発作と呼ばれる強い痛みを引きおこします。

痛風は何の前兆もなく、ある日突然発症し、歩くことができないほどの激しい激痛と腫れに見舞われます。完全におさまるには10日ほどかかるのが一般的です。
足の親指に痛みが起きることが多いとされていますが、かかとや甲、時には上半身の関節にも発作は起きる場合があります。

 

痛風の原因は?

痛風を引き起こす要因として考えられているのが、アルコール(特にビール)の過飲、食べ過ぎ、ストレス、体の冷えなどです。
特に直接的な原因とされているのが、ビールなどに多く含まれるプリン体を過剰に摂取することで、その燃えカスである尿酸が体内に多量に蓄積されるためだと考えられています。
そのため痛風の発症を抑えるには、プリン体を多く含む飲食物をなるべく避けることが効果的だと言われています。それと同時に、生み出された尿酸を正常に排出するための内臓機能についても、強化・改善していくことが重要です。

 

日常生活での痛風対策

日常生活において痛風対策を心がけることは非常に重要です。
では具体的に、どのようなことをすれば良いのでしょうか?

 

1.  プリン体の多い食事を控える

プリン体はどんな料理にも含まれているのですが、多く含むとされる食材の摂取をなるべく控えるように意識しましょう。
プリン体を多く含むかどうかを簡単に見分ける方法があります。それは「細胞の数」に注目することです。プリン体は細胞の核の中に入っているので、細胞の数が多い食べ物ほどプリン体が多いと言えます。
例えば、鶏の卵1つに含まれるプリン体の量はほぼゼロです。一方で、肉や魚の内臓(レバーや白子など)や、たらこといった粒が小さい魚卵は小さな細胞がぎっしりと詰まっているので、プリン体の量は非常に多く含まれています。こうした食べ物は食べ過ぎないように注意が必要です。

f:id:nomad-free:20190108123246g:plain
※ プリン体多い食材:肉類(特に内臓)、マグロのトロ、ウナギ、子持ちシシャモ、イクラ、たらこ、カズノコ、えび、イカ、甲殻類など

また、メタボリック症候群を併発する例が多いため、高繊維質、低カロリー、減塩などを心がけるとさらに効果的でしょう。
 

2.  アルカリ性食品をよく摂る

尿酸はアルカリ性の尿に溶けやすく、酸性の尿には溶けにくいという性質があります。高尿酸血症の方の尿は酸性になっているケースが多く、また尿が酸性に傾くと尿路結石も起こしやすくなり注意が必要です。
野菜や海藻などの尿をアルカリ化する食品を多めにとることは、尿酸の排泄や、尿酸結石の予防の点からも有効です。

f:id:nomad-free:20190108123427g:plain
(アルカリ化を助ける食材)ひじき、わかめ、海藻類、ほうれんそう、キャベツ、ゴボウ、大根、イモ類
(酸性化してしまう食材)肉類、アルコール類

 

3.  激しい運動ではなくゆっくりとした有酸素運動を行う

激しい運動をするほど筋肉や臓器器官の新陳代謝が盛んになり、かえってプリン体がつくられ過ぎてしまい、結果として尿酸値を高めてしまう事が分かっています。
また、発汗により血液が濃縮され尿酸値を上げてしまうことにつながる場合もあります。
尿酸値が高めの方にお勧めの運動は、スイミングやウォーキングなどのゆっくりした有酸素運動で、しっかりと水分補給を行いながら気軽にできるものが良いでしょう。

 

4.  休肝日をつくる

アルコール(特にビール)は尿酸値を上昇させ、痛風発作の引き金になる事が分かっています。アルコールが分解される時に尿酸を生成し、その時にできる乳酸が尿酸の排泄を妨げるため、ビールに限らずアルコール自体が尿酸値を上げる一因となっています。
週に2日以上の連続した休肝日を設けることで、肝臓や腎臓を休ませて内臓機能を高めて、尿酸が蓄積されない身体作りを目指しましょう。
運動後のアルコールは尿酸値の急激な上昇をもたらす場合がありますので、運動後はカロリーのない水やお茶で、まず体を整えるようにしましょう。

 

漢方で痛風対策

とは言え、一度痛風が発症してしまうと再発への恐怖から、早く治したい、体質改善したいと考えるものです。
そこで効果があると言われているのが、漢方・田七人参です。

田七人参とは?

田七人参は中国原産の薬用植物で、高麗人参と似ていますが、栄養素は高麗人参よりも優れ、中国の一部でしか生産できない非常に貴重な植物です。
中国では古くから薬として用いられ、ベトナム戦争時に止血薬として使われ世界にも広まっていきました。中国では止血薬だけでなく鎮痛剤や強心薬、高血圧や心疾患などに広く使われています。

田七人参は、鉄・カルシウム・タンパク質・糖などの優れた栄養素のほかに、「サポニン」を多く含みます。注目すべきはサポニンの含有率の高さで、高麗人参の何倍も含まれています。

 

サポニンの効能

サポニンは植物の根などに含まれる苦味成分の一種です。血行を良くして免疫力を高め、疲労回復にも効果があるとして古くからその効能の高さが認められています。

サポニンには多くの効能があるとされていますが、特に効果があるのが痛風と言われています。
痛風は体内の尿酸が排出されず蓄積されることで起こりますが、サポニンは活性酸素を除去し、コレステロール値を下げて血行促進を促します。結果として、肝機能を向上させてプリン体から作られる尿酸を正常に排出させてくれるのです。

この働きによりサポニンは痛風に効果があるとされています。
実際に田七人参(白井田七)を服用し続けることで、2ヶ月間で尿酸値が9.4から6.4まで下がったという声も寄せられています。

 

白井田七がすごい

「白井田七」という名称は、生産者である白井社長の名前と田七人参をくっつけたものです。白井社長は田七人参の有機栽培で、世界一厳しいと言われるIFOAM(国際有機運動連盟)認証を取得しています。

「白井田七」は、田七人参98%と有機玄米2%のみで作られ、 無添加・無着色のオーガニックサプリで、田七人参を試してみたい方にはおすすめのサプリです。私はこの「白井田七」を飲み始めてから徐々に尿酸値が下がり始め、半年で正常値になり、痛風の発症がピタリとなくなりました。

「白井田七」は薬局では市販されていないため基本的にネットでの購入になります。Amazonなどでも購入することは可能ですが、初回の場合はこちら(白井田七)からの購入がお得(39%オフ)です。ご興味のある方は、ぜひ一度お試しください。