Smart Life

日々いろんなことが変化する世の中で、スマートに(賢く)生きていく方法について考える

チェンマイでランタン祭り

f:id:nomad-free:20181202104415j:plain

「死ぬまでに見たい世界の絶景」でも取り上げられた、チェンマイのランタン祭り(イーペンランナーインターナショナル)。

その圧倒的なド迫力な風景に言葉を失います。
このランタン祭りについて少し紹介してみたいと思います。

 

ロイクラントンとは?

ロイクラトン祭りは水の祭典とも呼ばれ、「ロイクラトン」とはクラトン(灯籠)をロイ(川に流す)するというタイで古くから続いている行事です。
11月の満月の夜に、バナナの幹や葉などで模った灯籠の上にロウソクと線香を立てて、川の女神に感謝の気持ちを捧げクラトンを川に流す風習があり、また仏様への感謝と、厄払いの意味も込めて夜空へコムローイ(天燈)を放ち、無病息災を祈ります。

 

イーペンランナー

このロイクラトン祭りはタイ北部の都市チェンマイでは「イーペン」と呼ばれ、夜空に無数のコムローイ(ランタン)を飛ばすイベントが多数開催されます。その中でも一番規模の大きい祭りが、イーペンランナーインターナショナルと呼ばれるものです。

数百人もの来場者が一斉に夜空に向かってコムローイを飛ばす風景はとても幻想的で、チェンマイの秋(?)の夜空を彩ります。最近では海外からの参加者が増えて、チケット代が高くなったり、また購入そのものが難しくなっているようです。

イーペンランナーへの確実な参加を目指すのなら、3ヶ月ほど前にはチケット確保しておくことが必要でしょう。

 

f:id:nomad-free:20181202150026p:plain