Smart Life

日々いろんなことが変化する世の中で、スマートに(賢く)生きていく方法について考える

橋本病に効く漢方 萬能貴蕈

f:id:nomad-free:20181222151847j:plain

橋本病は治らないの?

西洋医学では「橋本病を直すのは難しい」と言われていますが、はたして本当に橋本病は治らないのでしょうか?
「橋本病が治る」と言うことは、FT3, FT4, TSHが安定することだけではなく、増えている自己抗体が正常値になり安定することを意味します。
橋本病の自己抗体は、抗サイログロブリン抗体(TgAb)、抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPOAb)などがあります。

西洋医学ではこれらを正常化させるのは難しいとされていますが、漢方を利用したり、生活改善することで、高い自己抗体は下がるとも考えられています。

ある報告では、漢方薬と免疫の錠剤を併用できっちり服用した場合、半年~1年で自己抗体の数値が約半分には改善する例が多くみられ、さらに半分になってからも徐々に改善が進んでいくことが確認されています。

 

橋本病の原因

橋本病は別名、慢性甲状腺炎とも呼ばれる自己免疫疾患で、免疫系の異常により甲状腺を異物と勘違いし、自己抗体(抗サイログロブリン抗体、抗マイクロゾーム抗体)を作ってしまうという病気です。
この自己抗体が甲状腺の細胞を破壊していく為、徐々に甲状腺機能低下症になっていきます。橋本病を治療するには、この自己抗体を正常値にすることが必要です。

橋本病の症状

橋本病になると必要量の甲状腺ホルモンを作りきれなくなるため、新陳代謝が低下します。
具体的な症状としては以下のようなものとなります。

f:id:nomad-free:20181222213721p:plain

 

自己免疫疾患対策と漢方

自己免疫疾患の対策として考えられるのは、免疫系を正常化させて、増えすぎた自己抗体を処理し、同時に新しい自己抗体を作りにくくすることです。
甲状腺ホルモンをコントロールすることも大切なのですが、自己抗体を減らすことで、免疫の狂いを更正することはもっと重要になります。つまり、自己抗体が正常化すれば甲状腺は破壊されなくなり、甲状腺が破壊されなくなれば橋本病は治る、ということになります。

免疫系を正常化させるとは言っても、そう簡単なことではなく、西洋医学においてはなかなか有効な対策がないようです。一方で、即効性こそ期待できないものの、副作用を気にすることもなく安心して継続治療・改善を見込めるものとして漢方があります。
中でも多くの改善報告があがっているのが、免疫活性サプリ「萬能貴蕈(ばんのうきしん)」です。
このサプリは橋本病に特定したものではなく、広く体質改善にも繋がるため、多くの方に愛用されているという点でも安心です。もちろん個人差はあると思いますので、断言することはできませんが、橋本病にお悩みの方には力強い味方となってくれるかもしれません。

興味のあるかたはこちらから →  萬能貴蕈(ばんのうきしん)