Smart Life

日々いろんなことが変化する世の中で、スマートに(賢く)生きていく方法について考える

奇跡のお茶!? ルイボスティーの効果・効能

f:id:nomad-free:20190118130056j:plain

ここ最近、女性を中心に人気が高まっている飲み物にルイボスティーがあります。
ルイボスティーには女性に嬉しい効果がたくさんあるとされ、特に妊活中や妊娠中の方に好まれ、最近では医師の中にもルイボスティーを推奨している方が多くいらっしゃいます。
ルイボスティーが良いとされている理由に、強い抗酸化作用があります。抗酸化作用とは体内の活性酸素を除去する働きのことで、老化の予防や美肌などに良いとされています。

 

ルイボスティーとは?

ルイボスティーは南アフリカで生育し、強い抗酸化成分であるSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)を含んでいることから大変注目されています。ルイボスティーに含まれるSODは活性酸素を除去する酵素で、老化を防ぎ、体を若々しく保つ「奇跡のお茶」とも呼ばれています。
さらに、ルイボスティーにはポリフェノール類「ケルセチン」という成分が多く含まれています。ケルセチンは、タマネギにも含まれている強力な抗酸化力がある成分で、炎症による痛みや血管の損傷を修復し、血液の流れをよくする効果があるのです。血管の流れがよくなると、今度は肌細胞への栄養がスムーズに浸透し、動脈硬化やコレステロール低下・血圧上昇を抑える効能があるといわれています。

 

活性酸素の除去

私たちの体の中に活性酸素が蓄積されると、体を老化させることの原因となりますが、ルイボスティーを飲み続けることで、抗酸化作用により体を若々しく保つことができるのも魅力です。
ルイボスティーに含まれるSODの力によって、体内の余分な活性酸素を除去し、「顔のしわ」「顔のシミ」「白髪」などを予防・改善することが可能なのです。
特に白髪についての改善例は多く報告されていて、「若白髪が多い妊活中の女性がルイボスティーを飲んでいたら、白髪がなくなった」という事例も見られます。

このように、ルイボスティーの抗酸化効果は皮膚や頭皮の新陳代謝を正常にし、キレイな肌や頭髪を創りあげるため、美容茶とも言われています。
紫外線を多く浴びると肌の代謝が悪くなり、シミやしわの原因になりますが、ルイボスティーを飲むことで、紫外線のダメージを防ぎ、日常生活における手軽な紫外線対策とすることが可能です。
まずは、ルイボスティーを試してみたいという方は、高品質の安心のルイボスティーはこちらから確認してみてください。

 

ルイボスティー 12の効能を解説

ここではルイボスティーが持つ効果・効能について、さらに詳しく解説し、ルイボスティーの魅力を紹介したいと思います。

効果1.  安眠

ルイボスティーに含まれているフラボノイドはストレスを抑える効果が高く、海外ではストレスに対する薬にも配合されているほどです。
さらに、ルイボスティーにはたくさんの栄養素(亜鉛、マグネシウム、セレン、ビタミンB1・B2など)が含まれていて、体内のエネルギー活動が活発になることから身体が温まり、快適な眠りにつくことができるようになります。
ルイボスティーはノンカフェインなので、寝る前に温かいルイボスティーを飲むのが良いでしょう。

f:id:nomad-free:20190118152214j:plain

 

効果2.  アンチエイジング・美肌

ルイボスティーに含まれるSODという抗酸化成分(酵素)が、肌の老化を抑制し、若々しい美肌に導きます。活性酸素を除去し、体の免疫力を高めて細胞の新陳代謝の促進してくれます。
ルイボスティーの茶葉には、マグネシウム、カリウムといったミネラルをはじめ、ビタミンC、カルシウムなど美肌に欠かせない成分もバランス良く含まれていてるのがポイントです。また、アンチエイジング効果もあるので、洗顔やパックとしても効果が期待できます。お茶を飲むだけで、肌のたるみやシワ、乾燥などの肌トラブルを一挙に解決してくれる優れものです。

効果3.  アトピー性皮膚炎

ルイボスティーを毎日飲むことで、アトピー性皮膚炎を緩和・改善させ、克服へ向かう第一歩となります。その理由は、アトピー性皮膚炎で過剰な反応によって作り出された活性酸素を次々に除去することができるためです。これによって、乾燥肌を引き起こす「過酸化脂質」も減り、皮膚炎がかなり抑えられると考えられています。
また、ルイボスティーに含まれている亜鉛の効果で、皮膚細胞の新陳代謝が促されるため、どんどん皮膚を修復していきます。痒みや痛みの原因を根本から改善していくことで、アトピー性皮膚炎の方にとっては強い味方になること間違いなしです。

効果4.  妊活

ルイボスティーに含まれている亜鉛やミネラル、ポリフェノールなどの成分は、卵子の質を上げる効能を持っています。それだけではなく、排卵周期を安定させてくれるので、ルイボスティーを飲むことで妊娠しやすい身体に近づくと言えるでしょう。
また、ルイボスティーに含まれるSODによって活性酸素が除去され、卵子の老化防止にも効果があります。また、亜鉛には黄体形成ホルモンを活性化させる働きがあり、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促してくれます。
エストロゲンの量が増えることで子宮内膜が厚くなり、受精卵を迎え入れやすくなるのです。妊活でお悩みの方は、【妊活専門】高品質のルイボスティーはエルバランシアをご確認ください。

f:id:nomad-free:20190118152325j:plain
 

効果5.  更年期障害

女性は50歳前後を期に女性ホルモンであるエストロゲンが低下し始め、更年期障害と診断される傾向が見られます。
ルイボスティーに含まれる亜鉛には、黄体形成ホルモンの働きを活性化させることで、エストロゲンの分泌を促す効果があります。さらに豊富に含んでいる栄養素のおかげで、更年期障害特有の症状を緩和していく効果も見込めます。副作用のないルイボスティーを常用することは、身体や精神面にとって良い影響をもたらしてくれることでしょう。
 

効果6.  むくみ・冷え

女性にとっての大きな悩みであるむくみ・冷えにもルイボスティーは力を発揮します。
ルイボスティーには亜鉛などのミネラルが多く含まれていて、体内でエネルギーを発生させて体温を上昇させます。さらに、リンパや血のめぐりをスムーズにさせて、老廃物や余分な水分を排出するデトックス効果があります。そのため、冷えやむくみでお悩みの人に、特にお勧めです。

 

効果7.  ダイエット

ルイボスティーに含まれているSODという酵素にはデトックス効果があり、体に溜まった毒素を排出する機能があります。そのため、老廃物をため込むことなく、胃や腸の働きを良好に保つことで、ダイエット効果が見込めます。
さらに、ルイボスに含まれているマグネシウムは腸内の水分を集める働きがあり、ダイエット中になりがちな便秘の解消も促進してくれるでしょう。
副作用がほぼないと言えるルイボスティーを、ダイエットのサポートとして役として上手に活用していきましょう。

f:id:nomad-free:20190118152501j:plain

効果8.  貧血

人は毎日約40mgの鉄分を失うといわれていて、飲み物や食べ物でしか取り戻せません。鉄分だけを摂ろうとしても、一緒に口にする食べ物が障害となり、なかなかうまく吸収できないのが現状です。鉄分が不足すると、酸素を運ぶヘモグロビンが減少するため酸欠になり、貧血が起こりやすくなります。
ルイボスティーには100gあたり約10mgの鉄分が含まれていますので、1日に2~3杯飲むことで鉄分の不足を補うことができるようになります。

効果9.  生理痛

女性が毎月悩まされる生理痛。
生理痛がひどい人はプロスタグランジンという物質が多く出ていることが分かっていますが、このプロスタグランジンは子宮の収縮を促して、子宮内膜や経血がスムーズに体外へ出るように働きかける性質を持っています。
ただ、ホルモンバランスが崩れたりすると、経血を体外へ出そうと過剰に分泌されてしまいます。プロスタグランジンには痛みを強める作用もあるので、下腹部の痛みだけでなく頭痛や腹痛などの原因にもなってしまいます。
ルイボスティーには、抗酸化物質であるSODが含まれていて、この物質が痛みの原因となる活性酸素を除去し、細胞の新陳代謝を促してくれます。新陳代謝が進むことで血行が良くなって体温が上がり、辛い生理痛の原因のひとつである冷えの改善にもつながります。

効果10.  便秘・下痢

ルイボスティーに含まれているSODは腸内をきれいにすることから、善玉菌の働きを活性化させて、便秘や下痢にも良い効果が見込めます。
便秘も下痢も、どちらも悪玉菌の仕業によって引き起こされることが多いのですが、ルイボスティーはその原因を根本から断ち切ってくれます。
腸内環境が改善されると「便の臭いがきつくない」「尿の色がキレイになる」などの効果もあるようです。

f:id:nomad-free:20190118152800j:plain

効果11.  糖尿病・痛風

ルイボスティーには食後の血糖値上昇を抑える効果があることが確認されていて、ルイボスの茶葉に含まれているピニトールという成分がインスリンと同じような働きをするという研究結果があります。
糖尿病や高血圧症患者が、長期間ルイボスティーを飲んだところ、血糖値が安定したという例も報告されています。また、ルイボスティーには利尿作用があることも知られていて、体内の不要な水分とともに老廃物が排出されることから、肝機能の改善にもつながります。肝機能が改善されれば、血液中の尿酸濃度も低くなり痛風の症状改善・緩和も期待することができるのです。

効果12.  花粉症

クシャミや鼻水などに悩まされる花粉症も、ルイボスティーを飲むことで症状の緩和を期待することができます。
ルイボスティーに含まれる多くのミネラルが、身体中の細胞を活性化させ、抗酸化作用を持つSODと相まって、体の免疫機能が向上して症状が緩和されると考えられています。また、ルイボスティーのポリフェノールやケルセチンが、アレルギー反応を引き起こすヒスタミンを抑制し、クシャミや鼻水を軽減してくれます。
免疫力を下げる原因となる活性酸素を除去してくれるルイボスティーを飲むことで、花粉症をはじめとするアレルギー症状を根本から改善しましょう。

どうでしたか?
ルイボスティーの効果・効能について興味を持たれた方は、高品質の安心のルイボスティーはこちらから、ぜひ一度ご確認ください。