Smart Life

日々いろんなことが変化する世の中で、スマートに(賢く)生きていく方法について考える

有機栽培・オーガニック野菜を試してみよう!

f:id:nomad-free:20190303213033j:plain 

「有機栽培」や「オーガニック野菜」という言葉が身近になり、一般家庭にも浸透しつつありますが、1人でも多くの人に理解してもらい、食べていただくために、オーガニック野菜のすばらしさについて紹介したいと思います。

オーガニック野菜とは?

「オーガニック野菜」と呼ぶには有機JAS認定が必要です。以前は「オーガニック」や「有機」の定義が明確ではなかったため、本当に信頼できるものとそうでない偽物の区別があいまいでした。そのような偽物を排除するために作られたのが有機JAS法です。オーガニック検査員の検査を受け、国の定めた厳しい基準を満たしていると認められた野菜のみが、「有機JASマーク」を表示することができ、「オーガニック野菜」となるのです。

 

土作りから農薬・化学肥料は不使用

無農薬栽培が栽培中のみ農薬不使用なのに対し、有機栽培では、栽培中はもちろんのこと、種まき、または植え付け前の2年以上前から農薬、化学肥料を使用していない土地で栽培されます。また、栽培中だけでなく農産物の保管や運搬においても、農薬・化学肥料による汚染、混入がないよう厳重に管理しなければなりません。
通常1〜2年の歳月をかけて自然堆肥を作り、除草し、害虫が発生したら人の手で駆除していくなど、手間ひまをかけて作られるのが有機栽培です。 なお、無農薬栽培では化学肥料はいくらでも使用することでき、有機JASのような検査もありません。

作物は根から栄養を吸収しています。有機肥料を土壌に与えると、肥料の成分を土の中の微生物が分解して、分解された栄養を作物は吸収します。栄養面を左右するのは良い肥料を与えているか、あるいは微生物がどれだけ多くいるのかによります。

逆に化学肥料は、微生物を死滅させてしまう原因を作っているのです。化学肥料は土壌に与えると、分解されることなく、植物に吸収されます。そのため、エサとなる有機物がなくなり微生物は死滅してしまうのです。農薬や化学肥料を長年使い続けてきた土壌であれば、当然ながら微生物の数は圧倒的に少ないのです。さらに、微生物の少ない土壌は、作物に対して悪い影響を与える病原菌や病害虫が発生しやすくなります。

オーガニックは予め有機肥料を与えて土づくりがされているため、微生物の多い土壌になっていて、栄養価の高い作物が育つと言えるでしょう。

f:id:nomad-free:20190303213747j:plain

 

生産者が分かる

野菜を選ぶとき「生産者の顔が見える」ことは、大切な要素のひとつではないでしょうか。オーガニック野菜は、「どこで、誰が作ったか」という履歴が残っているので、たとえ何か問題があったときでも、生産者まで辿って調査をすることができるので安心です。

 

遺伝子組換え種の不使用

オーガニックでは遺伝子組換えされた種は使用しません。遺伝子組換えとは、特定の害虫や農薬に対して強くするため人工的に遺伝子(DNA)を操作することです。遺伝子操作でできた作物は、「作物を食べた害虫が死ぬ」、「強力な除草剤にも枯れない」など、自然的には起こり得ない特徴を持ちます。栽培コストを削減し、大量栽培が可能になる半面、除草剤の大量散布や周辺の作物との交配による生態系への影響などが問題視されています。そして、人体に対する安全性についてもいまだ立証されていません。
日本では遺伝子組み換え作物の栽培は許可されていませんが、大半を輸入に依存している大豆、トウモロコシなどの輸入品75%~80%が遺伝子組換え作物であると考えられています。また、国産であっても、栽培に使われる肥料に遺伝子組み換え作物が使用されていることがあります。

f:id:nomad-free:20190303214017j:plain

 

有機農薬

有機農薬とは自然農薬のことを言います。酢、トウガラシなどを用いて、害虫予防や、病気予防ができるのです。昔の家で、米びつにトウガラシが入っているのを見たことはないでしょうか?これはトウガラシが米に発生する虫を防ぐとされているためです。他にも植物エキスや、木酢液、竹酢液など、自然素材で作られた農薬もあります。

昔からの経験を積み重ねて伝えられてきた、自然の特質を活かした農薬で、安全安心なものを食すため、家庭菜園などで有機農薬を使っている方も多いかと思います。

 

オーガニック野菜の本当の良さ

オーガニック野菜の良さは安心だけでなく、なんといってもその「美味しさ」です。もし、オーガニック野菜のおいしさについて半信半疑なら、お子様ならニンジン、ピーマン、大人ならレタス、ジャガイモ、さつま芋などをだまされたと思って食べてみてほしいと思います。野菜嫌いの子供でも、有機野菜であれば生のピーマンでも喜んで食べてくれるかもしれません。それほど甘くて香りが良く、さらに栄養価にも優れ、一般の野菜とは大きく違うのです。

また、有機野菜を食べることの魅力として、「旬と季節がわかる」ことがあります。野菜にはそれぞれ旬があり、本来その季節にしか食べられないものです。有機栽培なら、季節に応じた野菜を栽培しますので、その野菜を食べることで四季を感じ、自然の中で育った野菜本来の味を体感することができるのです。

f:id:nomad-free:20190303214732j:plain

 

オーガニック野菜を試してみよう

以前に比べ身近になったとはいえ、野菜全体の中でオーガニック野菜が占める割合は0.2%ほどしかありません。オーガニック野菜がなかなか普及しない理由として、流通の問題が大きく関係しています。
需要が限られているため、そもそもスーパーがあまり置きたがらず、またサイズや形にムラがあることも、量販店での取り扱いを難しくしています。結果として一般の野菜よりも余計にコストがかかり、売値が高くなってしまっているのです。

ところが、ネットで直接生産者から買い付けるサービスが出てきたことで、この問題を解決し、安価に手軽にオーガニック野菜を手にできるようになりました。さらに、このことは私たちが生産者の農家さんを直接支援・支持するようなことができるようになったことを意味します。

全国に優良な生産者さんは多くいますので、まずは試してみてはいかがでしょうか?気に入ったところが見つかれば、継続して購入するのも良いでしょう。
以下にお薦めのオーガニック野菜を紹介しておきますので、参考にしてください。   

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーガニック野菜【青森県産】ミネラルボックスAコース
価格:3500円(税込、送料無料) (2019/5/7時点)

楽天で購入