Smart Life

日々いろんなことが変化する世の中で、スマートに(賢く)生きていく方法について考える

痛風対策にティノスポラ(ボラペット)

f:id:nomad-free:20190225132243j:plain

痛風とティノスポラ

ある日突然あなたを襲うかもしれない「痛風」。この「痛風」の痛みは体験した人しか分からないものですが、まさに風が吹いただけでも痛い、気を失うほどの苦しみです。
従来、痛風は中高年の男性特有の病気と考えられていましたが、最近では女性や若い人たちの間でも増加傾向にあり、贅沢病というのが正しい呼び方かもしれません。

痛風の原因となる「高尿酸血症」を放置しておくと、「痛風」だけでなく心臓病や腎臓病などの合併症を引き起こす恐れもあり、大変危険です。
これを予防するために、運動などの生活改善と、食生活の改善が必要といわれてます。

一方、ティノスポラというのは別名ボラペットとも呼ばれ、東南アジアのタイで薬用として用いられる天然ハーブです。タイ王室の運営する国立病院アバイブーベによって、製造販売がされており、痛風をはじめとする多くの生活習慣病に効果があると言われています。

f:id:nomad-free:20180309120909p:plain

 

ティノスポラの効能

不老長寿に役立つことで知られてきたティノスポラは、東南アジアに広く分布し「血の熱を取る作用を持つ薬草」として解熱・解毒・強壮などさまざまな用途にも用いられてきた薬草です。ティノスポラの有効成分は、ポリフェノール・やフェルロイル、 チラミン等、10種類以上確認されており、悪玉コレステロールの分解を促進させ、免疫力を改善する作用があるとされています。

効用として早くから認知されていたのは、「血小板凝集抑制作用」と呼ばれる、粘った血液をさらさらにして流れやすくする作用です。のぼせやすい人、血圧の高い人、血圧が高く心臓の調子が悪い人などにティノスポラは大変重宝されてきました。

実際にタイの北部では、長年ティノスポラが痛風患者の治療に使用されてきていて、多くの痛風患者が、痛風の発作から開放されてきました。良玉コレステロールを保護しながら、尿酸値と悪玉コレステロール(低比重LDLコレステロール)を血液内から減少させることにより、体内の酸化脂質を減少させることにより、痛風対策だけでなく肥満対策にも力を発揮しています。
また腎臓機能も強化され、尿酸排出を活性させる働きもあります。肝臓機能を復元し脂質代謝が20代のころのように活発になり、総合的に痛風を改善することができるミラクルハーブです。

 

痛風の原因

肥満

高尿酸血症の方は肥満が多く 肥満の原因となったエネルギー過剰がなんらかの形で 尿酸の代謝に作用したものと考えられています。食事内容によっては尿酸値は上がりますが、厳密なプリン体制限は難しく、なかなか長続きしません。
最近では「これは食べてはいけない」という食品の制限はあまり指導されなくなりました。それよりも食べる総量を制限することが大切です。
痛風の患者さんの約60%が肥満体、残りの%も肥満予備軍です。肥満があり、肥満度が大きいほど尿酸値は高くなると言われています。また肥満は、尿酸を排出する機能を持つ腎機能低下の原因にもなり、尿から正常な尿酸排出が毎日行われなくなってしまいます。

f:id:nomad-free:20190225132603j:plain

飲酒

アルコールを飲むと尿酸値は一時的に上がります。アルコールが体内で分解される時に尿酸が作られること、その際にできる乳酸が体内に尿酸を蓄積すること、一部のアルコール飲料には尿酸の元になるプリン体が多く含まれていることがその主な原因です。
アルコールが代謝されるときに尿酸値が上がるので、どんな種類のお酒でも尿酸値や痛風にはよくないのですが、プリン体を含む量は種類によってかなり違います。
プリン体は、ビールに最も多く含まれ、ウイスキー、ブランデー、焼酎などの蒸留酒はあまり含まれていません。
f:id:nomad-free:20190128103643j:plain

 

痛風に対する根本的な対策(体質改善)としてティノスポラを服用し、血液の流れを良くして、痛風予防・改善、糖尿病治療、などの様々な生活習慣病の改善を目指したいと思います。