Smart Life

日々いろんなことが変化する世の中で、スマートに(賢く)生きていく方法について考える

前立腺を健康に保つ食べ物 6選

f:id:nomad-free:20190708151314j:plain

男性なら歳とともに誰もが気になる「前立腺肥大症」ですが、この「前立腺肥大症」は30歳代から始まり、50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%にみられる症状と言われています。
ただし、そのすべての方が治療を必要とする訳ではなく、排尿症状を伴った治療を必要な、いわゆる「前立腺肥大症」は、その1/4程度と考えられています。

 

前立腺って何?

前立腺とは膀胱の出口を取り巻くように位置するクルミ大の器官で、男性だけにある生殖器です。 その働きは、精子の働きを活発にする前立腺液を分泌することで、男性ホルモンの活性型である「ジヒドロテストステロン」に大きく影響を受けています。

f:id:nomad-free:20190708151949p:plain

 

前立腺が肥大化する原因

膀胱の出口を取り囲んでいる前立腺が年齢とともの徐々に大きくなり、その大きさは成人時の約2倍にもなると言われています。 肥大化した前立腺は、 やがて尿道を圧迫するようになります。 そのため、トイレの際「尿が出にくい」「残尿感がある」「頻尿」などの排尿障害が引き起こされます。

この前立腺肥大化の原因は、肥満、高血圧、高血糖および脂質異常症が指摘されていて、メタボリック症候群とも関係が深いと言われています。現在、明確な解明はされていませんが、「男性ホルモンの働き」が少なからず関与していることは間違いなく、中高年になって男性ホルモンに変化が起こることで、前立腺の肥大化につながっていると考えられています。

f:id:nomad-free:20190708151652g:plain

 

前立腺を健康に保つ食べ物

野菜、穀物、大豆などに多く含まれるイソフラボノイドは前立腺肥大症の発症抑制効果があることが指摘されています。野菜やフルーツをたくさん食べ、赤身の肉は控えめにし、善玉脂肪の食品を摂ることが理想的です。今回は、前立腺の健康に役立つ6つの食べ物について以下に紹介します。

 

1. ブロッコリー

ブロッコリーは、健康維持の代名詞としても使われる食材で、様々な面で健康にプラス効果が期待できる野菜です。
ブロッコリーは抗がん作用のある植物栄養素「スルフォラファン」や「インドール」を豊富に含みます。週に2回以上ブロッコリーを食べていると、ステージIIIおよびIVの前立腺がんの発症を約40%減らせるという研究結果もあります。ただし、5分以上加熱すると抗がん作用が失われるので注意。また、新鮮なガーリックや唐辛子、ヴァージン・オリーブオイルなどと一緒に食べるとさらに効果的です。

 

2. トマト

トマトは強力な抗酸化物質である「リコピン」を豊富に含み、このリコピンは前立腺の健康にもよいとの研究結果があります。さらに、加工トマトの方が前立腺の健康を促進する効果が高いとされていて、トマトペースト、スープ、ソース、ジュースなどのほうが前立腺には効果的でだと言われています。
ある研究によると、トマトを使った食品を毎日少し食べるだけで、前立腺がんの要因となるDNAの損傷を防げるそうです。

 

3. サーモン

「オメガ脂肪酸」は前立腺の健康に重要な栄養素で、サーモンを食べることで「オメガ脂肪酸」を効率的に摂取することができます。研究によると、魚に含まれる「オメガ3脂肪酸」は、前立腺腫瘍の成長を遅らせる作用があるようです。また、週に一回以上サーモンを食べると、進行性前立腺がんのリスクを減らせるそうです。

 

4. 緑茶

緑茶に含まれる抗酸化化合物「カテキン」は、特定のウイルスやバクテリアを破壊し、免疫力を高め、前立腺がんを防ぐ効果が期待できます。研究によると、緑茶の「ポリフェノール」が前立腺がんのバイオマーカーのレベルを劇的に低下させるようです。
また、緑茶のカテキンは、前立腺がんへ移行するリスクの高い「前立腺の前がん病変」にも効果があります。緑茶に含まれる化合物が、前立腺がんの成長を促す酵素の働きをブロックし、前立腺がん細胞を壊す働きもすると言われています。カテキンには、がんの原因となる「DNAの損傷」を修復する作用があることも知られています。

 

5. かぼちゃの種

カボチャの種からとった油(パンプキンシードオイル)は、前立腺細胞の増殖を抑制します。また、このオイルには「カロチロイド」と「オメガ脂肪酸」が含まれていて、高レベルのカロチロイドを摂取している男性は、前立腺肥大になりにくいと言われています。カボチャの種には「亜鉛」も含まれていて、最近の研究で亜鉛が前立腺がんの成長を抑制することも判明しています。

 

6. ざくろ

ザクロは抗酸化物質や、前立腺に良いとされる植物栄養素「エラジタンニン」を豊富に含んでいます。ザクロエキスは前立腺がん細胞の生成を遅らせたり、がん細胞を自滅させる効能があるそうです。また、エラジタンニンには、前立腺腫瘍へ栄養を送る血管の形成を邪魔する作用があるとの研究報告もあります。

 

最後に 

前立腺肥大は、男性であるかぎり避けられない宿命の疾患です。「忙しくて時間がない」「恥ずかしい」などの理由で診断や治療を受けることなく、がまんしたままの方もいらっしゃると思いますが、異変を感じた場合は、なるべく早く治療し、改善することをお勧めします。排尿の症状は、きちんと診断を受けて治療すれば改善できますし、早めに治療することで、症状の悪化を防ぐこともできます。
何よりも、生活習慣病にならないような規則正しい生活や、栄養バランスのとれた食事を心がけ、腸内環境を整えることが大切だと思います。

またサプリメントを試してみるのも効果があるかもしれません。過去に触れた「ノコギリヤシ」の効能についても以下に紹介しておきます。

smart-life.hatenadiary.jp