Smart Life

日々いろんなことが変化する世の中で、スマートに(賢く)生きていく方法について考える

未来の食事、ビヨンド・ミート

f:id:nomad-free:20190906135449j:plain

ビヨンド・ミートの衝撃!

今アメリカで注目を集めているのがビヨンド・ミートです。これはガソリン車から電気自動車に変わるぐらい(エンジンが無くなる)のインパクトがあることで、これから私たちの食生活が大きく変わっていく可能性があります。
いま農畜産商品の代替品産業に注目が集まっていて、食肉の安定供給を担う成長分野として期待されるのがクリーンミートと呼ばれる人工肉や乳製品代替品市場です。
「食肉産業は全世界で年間7500億ドル(約80兆円)の市場規模と推定されていますが、2040年には人間が消費する肉のほとんどは、培養された肉か、肉と同じ見た目と味の植物性製品にとって代わるであろう」と英国・ガーディアン誌が指摘しています。欧米で急増するビーガンが巻き起こしたブームが、いずれ日本も含めたアジアを席巻する可能性が高く、今のうちに関連する企業をウォッチしておくのが良いと思われます。
 

ビーガンが急増!?

一般的にベジタリアンが肉や魚を食べない人たちであるのに対し、動物の肉、卵・乳製品やはちみつを一切口にしない人たちをビーガンと言います。米国では2009年時点でビーガンが人口の1%でしたが2017年には同6%と、ここ数年間でビーガン人口が6倍に増え、都市部においてはかなり多くのレストランにベジタリアン・ビーガンメニューが見られるようになりました。一方、日本では食文化が異なることや、環境問題への意識の違いから、現在もビーガン食はそれほど浸透していないのが実情です。世界各国でビーガン人口が急増するなか、観光立国を目指す日本においても、いずれ飲食店などでそうした客層への対応が迫られる日が来ることも近そうです。

f:id:nomad-free:20190906164817p:plain

 

本命は三井物産!?

2019年5月、米国のベンチャー企業で人工肉の製造・販売を手掛けるビヨンド・ミート社が上場し、初日株価は2倍以上となりました。更に6月には第1四半期の業績の急拡大を受け、株価はIPO初日の2.6倍と更に急上昇しています。
三井物産はビヨンド・ミートに出資しており(比率は未公表)、今回の上場により、すでに恩恵を受けていますが、今後日本での販売に向けて準備をしているようです。健康志向の高まりや、東京五輪を控え、訪日外国人観光客の増大を背景に、日本でも大きな関心を呼ぶことは間違いなさそうです。
日本におけるビヨンド・ミートの本命株は三井物産と言えそうです。

 

食肉代替で恩恵を受ける銘柄4選

このような世界的な食肉トレンドの変化に伴い、新規需要の取り込みに成功し、大きな成長が期待できる企業について、以下に紹介してみたいと思います。

1. 大塚ホールディングス

大塚ホールディングス傘下の大塚食品では、大豆をベースにしたハンバーグの製品化に成功しています。ミートシリーズの第2弾として、ハンバーグに続き「ゼロミート・ソーセージタイプ」を関東エリア中心に先行発売しラインアップを強化を続けています。また、2018年に本場インドへ動物性原料を使わない「日本式カレー」の「ボンカレー」の輸出を始めていて、注目されています。

2. オイシックス・ラ・大地

オイシックス・ラ・大地は、安心安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開しています。最近では、アメリカ48州を対象に毎週ビーガン食のミールキット宅配を展開する「スリーライムズ」の株式を100%取得し、子会社化することを発表しています。
スリーライムズは2018年12月期の最終損益が442万ドルの赤字ですが、オイシックス・ラ・大地は、「らでぃっしゅぼーや」の買収で、業績をいち早く改善させ、黒字化を実現していることから、スリーライムズの収益力向上にも大きな期待が寄せられています。

3. 不二製油グループ

不二製油グループ本社は油脂大手でありながら、製油や製菓材と並び、大豆関連事業に積極的に進出しています。大豆ミートをはじめ、独自技術により豆乳クリーム、豆乳チーズや植物性素材をベースとした食品の展開を強化し、女性層を中心に話題となっています。さらに、業務チョコレート世界3位の米ブロマーチョコレートカンパニーを傘下に収めて、2020年3月には2期ぶりに最高益を更新することが見込まれています。

4. ユーグレナ

ユーグレナはミドリムシを活用した健康食品や化粧品の製造・販売を手がけている企業です。ミドリムシは藻の一種であり、ベジタリアンが不足しがちなビタミンB12などの栄養素を豊富に含み、今後ますます注目されることとなりそうです。業績面では、2019年9月期は、連結経常損益が63億7300万円の赤字(前期は10億9600万円の赤字)の予想と損失額は拡大する見込みですが、今下期の赤字額が急激に減少していることから、今後業績は大幅に改善する見通しにあります。

 

食生活の改善や、食の未来について関心のある人は、このビヨンド・ミートなど代替食関連の企業の動きを注視しておくと良いでしょう。